ホーム販売改訂 生活と教育をつなぐ人間学―思想と実践―

改訂 生活と教育をつなぐ人間学―思想と実践―

改訂 生活と教育をつなぐ人間学―思想と実践―

特徴

社会的エコロジーの創始者であるE.H.S.Richardのヒューマンエコロジー思想を基盤に据えた「生活思想と教育実践の統合」をめざした書です。小・中・高を対象とした授業実践例も取り上げ、環境教育や消費者教育及び総合的な学習の時間での指導に活用できます。

まえがきより(本書とは)

本書は、新しい時代のリベラルエデュケーション(教養教育・市民教育)としての共生思想、とりわけ社会的エコロジーの創唱者であるE.H.S.Richards(エレン・ヘンリエッタ・スワロー・リチャーズ:1842~1911)のヒューマンエコロジー思想を基盤に据えた「生活思想と教育実践の統合」をめざしたテキストである。

リチャーズの環境思想から導き出される普遍的生活価値(例えば健康・安全・生命に与える影響への配慮etc.)とのかかわりで、教育・環境問題を生活者の視点で総合的に理解できるよう、家庭科教育、消費者教育、環境教育さらに家庭教育に至るまでを扱っている。すなわち、共生社会を支えるパートナーシップ理念の下で、生活と教育のつながりに焦点を当てている。

現代社会が抱える教育問題と環境問題のルーツは密接につながっている。共生社会の実現には、すべての人々が教育問題と環境問題を「一つの構造」として、また「生命の連鎖」とみなすホリスティックな認識が求められている。そこで、本書は「全体的視野」や「考える力」を培う読書課題用として文献・図表等の資料を積極的に導入した。

エコロジーの思想はいろいろな学問の中に存在するが、共通する原理は「共生」である。夫々の多様なかかわりの中に歓びや幸せが存在する共生社会、その実現のためには「分かち合う責任」は前提である。すなわち私たち市民は、人間存在に不可欠な生活倫理にかかわるテーマを常に抱えており、新しい時代に求められる人間らしい社会行動の基準となる生活倫理の一つとしてヒューマンエコロジーが考えられるのである。教育の意図する健全な人間性の発達にとって、リチャーズのヒューマンエコロジー思想が現代社会に与える影響は大きい、と考える。

以上のような考えを抱く筆者四人は、リチャーズのヒューマンエコロジー思想を共有する研究仲間である。いずれの章も、「ヒューマンエコロジーの精神」との文脈で、生活と多様な教育のかかわり、すなわち環境調和的存在としての個の育成の観点が貫かれている。

本書が「ヒューマンエコロジー」の正しい理解と健全な生活教育の実践に少しでも役立てば幸いである。また、家政・生活環境系分野のみならず「人間生活」を扱う教科教育学関連分野の大学生や現場の先生方にも活用していただけたら、と筆者一同願っている。

筆者一同

すべての学問は環境にかかわる。家政学の本質を展開

第Ⅰ章では、身近な生活環境(人間と環境との相互関係性やヒューマンエコシステム)を研究対象とするホームエコノミクス(家政学)の本質論を展開します。

今日ではどんな分野であれ、社会的環境(人間生活)とのかかわりで研究する学問を広くヒューマンエコロジーと読んでいます。生成の過程で“隠れエコロジー”として誕生した近代家政学もその一つです。Richardsが希求したヒューマンエコロジーとは、人類の健康生活のために知識を強調的につなぐ倫理的な応用科学でした。

環境の汚染源“人間”を考えるヒューマンエコロジー

第Ⅱ章では、およそ1世紀前“社会的エコロジー”あるいは“精神的エコロジー”とも呼べるヒューマンエコロジーを創唱したRichardsの人と思想を、その生涯における活動と著作を中心に見て行きます。

公衆衛生思想の下にエコロジーと食物科学(栄養学)を発展させたRichardsは、環境の汚染源は「人間」と考え、その問題解決を公共の生活福祉に係わる環境科学と生活文化に係わる教育に託しました。

ヒューマンエコロジーを教育に活かす方法を考えます

第Ⅲ章では、Richardsのヒューマンエコロジー思想を今日の教育としていかに具体化するかについて考えます。その理論的枠組の一つとして提案するSTS家庭科は、つながりの下でいかに生きるかを問う市民教育として、子どもたちの「生きる力」と豊かな人間性の育成に積極的にかかわるものです。

環境教育の現実から学びます

第Ⅳ章では、Richardsのヒューマンエコロジーしそうに触発されながら、自然環境と社会環境を関連付けることの必要性を念頭におき、家庭科教育あるいは生活教育における環境教育の在り方を考えていくことを目的としました。その際、まず環境教育の国際的な流れを資料やグラフで確認し、次に自然環境の問題を社会的な環境と積極的に結びつけながら環境教育を進めているドイツの環境教育を実践例の一つとして紹介しました。

幼児期の家庭生活からヒューマンエコロジーを取り入れます

第Ⅴ章では、人間教育のうち、中でも基本的な家庭生活における幼児期の教育的かかわりについて考えました。家庭の教育力の低下が言われ始めて久しいですが、人間教育のスタートである幼児期における家庭教育は、ひとりの人間が育っていく一過程、という全体的な視野から考慮されなければなりません。家庭教育の普遍的価値をRichardsのヒューマンエコロジー思想というホリスティックな教育観に還元し、子どもを育てる場としての家庭生活について概観します。

目次

第Ⅰ章 思想としてのヒューマンエコロジー

Ⅰ-1 ヒューマンエコロジーと“共生”観

Ⅰ-2 「新しい科学」の誕生 -リチャーズのエコロジーの命名-

Ⅰ-3 現代社会と科学

  1. 学問(science)と現代家政学
  2. 学問の分類と家政学
  3. 図書分類上にみるホームエコノミクス(家政学)

Ⅰ-4 ホームエコノミクスの全体的視野と理論モデル

  1. 総合の学としての家政学
  2. 統合のための理論モデルと人間の視野

Ⅰ-5 ホームエコノミクスとシステムアプローチ

  1. 生活関連用語と概念
    1.環境
    2.家政と家政現象
    3.生活
  2. エコロジー関連用語と概念
    1.エコロジーとエコノミクス
    2.ヒューマンエコロジー
    3.ヒューマンエコシステム

Ⅰ-6 共生時代における家政学の社会的貢献 -生活と教育-

  1. 生態学的消費スタイルの創造と生活指標
  2. 民主的家庭・社会の創造とホリスティック教育

第Ⅱ章 リチャーズ・アンソロジー

Ⅱ-1 エレン・スワロー・リチャーズの生涯-ユーセニクスへの道-

Ⅱ-2 リチャーズ・アンソロジー

  1. The Art of Right Living(『正しい生活術』、1904)
  2. Euthenics - The science of controllable environment(『ユーセニクス』)
    第Ⅴ章 責任
    第Ⅸ章 女性の責任

第Ⅲ章 共生社会における市民教育

Ⅲ-1 ホリスティック教育思想

Ⅲ-2 ホリスティック教育としてのSTS

Ⅲ-3 「生きる力」と総合学習 -STS家庭科-

  1. 「生きる力」とは
  2. 「生きる力」と家庭科教育
  3. 総合学習とは
    1.総合の意味 -“統合”
    2.共生社会・市民教育実現のための「総合学習(Integrated Study)」
  4. 総合学習としてのSTS家庭科:HE-Com

Ⅲ-4 STS家庭科プログラム(HE-Com)の展開

Ⅲ-5 資源循環型社会と生態学的消費者教育

  1. 循環型社会をめざした市民教育 -生態学的消費者教育としての家庭科-
  2. 生態学的消費者教育の基本枠組み
  3. STS家庭科(HE-Com)授業構成の方法

Ⅲ-6 生態学的消費者教育の教材研究

  1. ごみ問題の背景 -容器包装ごみ-
  2. 食をめぐるライフスタイルの変化と環境問題
    1.食の外部化と環境負荷
    2.旬の喪失と環境負荷
  3. リサイクル・マジック -本当の省消費を-
  4. 遺伝子組み換え作物と消費者の意思決定
  5. 地域主義食生活の価値

Ⅲ-7 HE-Com学習展開例

  1. 比較的短時間でできるHE-Com学習モジュール例
    モジュール例1 容器包装ごみはなぜ多い?
    モジュール例2 食べ物の価値
    モジュール例3 食料ロス
    モジュール例4 レジ袋、もらいますか?断りますか?
    モジュール例5 原子力発電と私たちの選択
  2. 学習モジュールを組み合わせた授業展開例
    1.豊かな食卓と飢える人々(対象:中学生、高校生)
    2.「豊かさ」・「幸せ」って何だろう?(対象:中学生、高校生)
    3.いちごと消費者(対象:中学生、高校生)
    4.まっすぐなきゅうりと曲がったきゅうり(対象:中学生、高校生)
    5.牛乳パックから考える「持続可能性」(対象:高校生、大学生、一般)

第Ⅳ章 ヒューマンエコロジー思想と環境教育

Ⅳ-1 ヒューマンエコロジー思想と環境教育

Ⅳ-2 環境教育の国際的な流れ

  1. 環境教育とは
  2. 環境教育の新たな動き:「持続可能性のための教育」
    1.南北格差 -先進工業国と開発途上国の間の不平等
    2.「持続可能な開発」概念の登場
    3.リオ宣言
    4.アジェンダ21
    5.「持続可能性のための教育」 -テッサロキニ宣言-

Ⅳ-3 ドイツの環境教育 -環境教育の実践例として-

  1. プロジェクト「学校の環境教育」
  2. 「消費」をテーマとした環境教育 -私たちの消費生活の反省-
  3. 「哲学的な」環境教育
    1.テーマ「人間と死」
    2.テーマ「人間と動物」

第Ⅴ章 幼児期における環境教育

Ⅴ-1 現代社会における家族

  1. 現代家族の抱える問題
  2. 家族形態の変化
  3. 少子高齢化
  4. 児童虐待
  5. 女性の就業状況
  6. Richardsの家庭の理念

Ⅴ-2 『コスト・オブ・リビング』にみるRichardsの家庭生活観

  1. 『コスト・オブ・リビング』
    1.第Ⅰ章 生活指標
    2.第Ⅱ章 「増大した生産生活に対する衛生科学の任務」
    3.第Ⅲ章 家計の支出、理念に基づく費目別分類
    4.第Ⅳ章 住まい(家賃または対価と家具)
    5.第Ⅴ章 経営費(光熱・給与)
    6.第Ⅵ章 食物
    7.第Ⅶ章 健康のための被服
    8.第Ⅷ章 情緒的・知的生活
    9.終章「家庭の組織化」
  2. 家庭生活と市民教育

Ⅴ-3 Frobelの『人間と教育』にみる幼児教育観

  1. Frobelの生涯
  2. Frobelの幼児教育観
    a.「部分的全体」
    b.「部分的全体」と家庭生活
    c.連続的発達と幼児期

Ⅴ-4 幼児期における環境教育

  1. Richardsの幼児期における環境教育観
  2. 現代日本の家庭における環境教育
  3. 幼稚園における環境教育

仕様

著者 住田和子、西野祥子、丸橋静香、香川晴美
判型 B5
ページ数 224
価格 本体2,500円(税抜)
定価2,750円(税込)
ISBN 9784304020810

本商品の販売

楽天ブックス