ホーム新型コロナウイルス感染症対策に伴う学校教育における教科書のご利用(授業動画配信等)について

新型コロナウイルス感染症対策に伴う学校教育における
教科書のご利用(授業動画配信等)について

 標記に関する教科書利用のご相談につきまして、弊社では教科書著作権協会及び教科書協会からの通知に従って、以下のとおり対応させていただきます。

令和2年5月6日までの手続きにつきまして

 新型コロナウイルス感染症対策のための休校期間の授業代替手段として、現在示されている緊急事態宣言の期間中(令和2年5月6日まで)、当該学校・地区の採択教科書の利用に限り、教科書発行者が権利を有する掲載著作物を利用して作成した授業のための動画やプリント等を、当該児童生徒に限定して、学校または教育委員会が自ら責任主体となって行う複製、公衆送信または配布に対し、特別の配慮として教科書利用を無償許諾いたします。
※作家作品や写真等の弊社が権利を有しない著作物の利用については、本対応に含まれません。

令和2年5月7日以降の手続きにつきまして

 授業者および児童生徒が主体となる授業目的の公衆送信につきましては、令和2年4月28日施行の改正著作権法第35条が適用されます。詳細につきましては、授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRAS)のWebサイト(https://sartras.or.jp/)ならびに改正著作権法第35条運用指針(令和2(2020)年度版)(https://forum.sartras.or.jp/wp-content/uploads/unyoshishin2020.pdf)をご確認ください。
 なお、教育委員会が責任主体となって行う教科書利用(デジタル教科書を含む)につきましては、改正著作権法第35条の適用範囲外となりますので、教科書著作権協会への申請が必要となります。詳細につきましては、教科書著作権協会のWebサイト(http://www.jactex.jp/)をご確認ください。

ホームに戻る