ホーム販売「気になる子ども」と共に学ぶ家庭科

「気になる子ども」と共に学ぶ家庭科

「気になる子ども」と共に学ぶ家庭科

特徴

子ども一人ひとりのニーズに応じた教育を目指して

本書の構成」より

「第1章 家庭科授業で「気になる子ども」の行動特徴と支援方法」より

本書は,小学校や中学校の家庭科授業において,「気になる子ども」に寄りそいながら特別な支援を必要とする子ども一人ひとりのニーズに応じた教育の実践を目的とした,具体的かつ実践的に支援方法を解説した一冊です。イラストや図表などを用いて分かりやすく示しています。

小学校/中学校の授業実践例

小学校の授業実践(一例)

中学校の授業実践(一例)

「気になる子ども」の行動特徴に応じて,ポイントを絞った授業実践例を解説しています。「授業の流れ」「支援方法」「板書例」「教材,ワークシートなどの資料」で構成され,特別支援教育の専門家が本実践の特徴について記述する「特別支援教育の視点から一言」も付しています。

家庭科授業の「はじめの一歩」

授業づくりの基礎

調理・製作時のヒヤリハット体験・危険防止法

家庭科の授業づくりや,授業での子どもの発言への対応や教師の立ち位置などの基礎はもちろん,調理・製作実習時のヒヤリハット体験・危険防止法など「安全」に配慮した内容も充実しています。

家庭科授業 応用・発展

一枚ポートフォリオシートの活用例

一枚ポートフォリオシートを活用した授業実践例

学習者自身による自己評価法の一つである「一枚ポートフォリオシート」の活用法やそれを使用した実践例など,授業の質をさらに高める発展的内容も充実しています。

家庭科を教えられている先生へ

「気になる子ども」と共に学ぶ家庭科授業をどのように実践するか悩んでおられる先生方,初めて家庭科を担当する先生方をはじめ,多くの先生方の授業づくりのヒントとしてご活用ください。

目次

はじめに
本書の構成について 

第1章 家庭科授業で「気になる子ども」の行動特徴と支援方法 
第1節 家庭科の授業で「気になる子ども」はいませんか 
第2節 家庭科授業での教師による工夫のすすめ
第3節「気になる子ども」と共に学ぶ家庭科の授業づくり
第4節「気になる子ども」の行動特徴と手だて
第5節「気になる子ども」の行動特徴に応じた支援方法
理論学習・実習学習の支援方法

第2章「気になる子ども」の行動特徴と授業の実際(小学校・中学校)
・本授業実践の使い方
第1節 理解しにくい子どもへの支援
第2節 不注意な子どもへの支援
第3節 多動・衝動的な子どもへの支援
第4節 人とのかかわりが苦手な子どもへの支援
第5節 興味・関心が狭い子どもへの支援
第6節 手先が不器用な子どもへの支援

第3章 家庭科授業 はじめの一歩
第1節 家庭科の授業づくりの基礎
第2節 実習授業の基礎
1.調理実習授業の基礎
2.被服実習授業の基礎
3.ヒヤリ・ハット体験と危険防止方法
第3節 家庭との連携

第4章 家庭科授業 応用・発展
第1節 一枚ポートフォリオシートの活用
第2節 ジグソー学習法の活用
第3節 家庭実践レポートの活用

おわりに

仕様

編著 広島大学、伊藤圭子
判型 A4
ページ数 96
価格
ISBN 表示できません

本商品の販売