H27年度版小学校家庭教科書
 
教科書内容案内

教科書内容案内 開隆堂の、平成27年度版 小学校家庭科 教科書の内容のご案内資料です。

 (PDFファイル) このページの先頭に戻ります
 
 
編集の基本方針

 5年生になってはじめて学ぶ家庭科に、子どもたちはわくわく・どきどきしながら大きな期待をしています。
 開隆堂の「家庭科」教科書は、一人ひとりの子どもたちが体験や実践を通して、できることを増やし、生活を工夫し、よりよい家庭生活につなぐことができることを目指して編集しています。
 子どもたちにとっては学びやすく、先生にとっては教えやすく・授業がイメージできるようにとの願いをこめて、平成27年度用の教科書をお届けします。

  • 2学年間の見通しをもって楽しく学べる
  • 基礎的・基本的な知識や技能を確実に身につけられる
  • 問題解決的学習を通して、自ら考え、主体的に工夫して学べる
  • だれでも安心して授業ができる
  • 家庭科としての安全・衛生・防災教育を徹底する
このページの先頭に戻ります
 
 
教科書の10大特色

2年間を見通した、ストーリー性のある構成と題材です

学習のプロセスがわかるので、見通しをもって授業にのぞめます

使いやすい紙面構成になっています

安全教育を徹底しています

家庭科の特質を生かして「食育」の充実をはかっています

繰り返し・積み上げ学習で、基礎・基本の定着をはかります

豊富な調理実習例・製作例

具体的活動を通して、消費者教育の充実をはかっています

伝統文化やキャリア教育の視点を具体的に示しています

前後の折り込みページは、安全や食育の学習、実習・製作の資料として常に活用できます

家庭科での言語活動の充実をはかっています

全ページを通して、多様な色覚に対応したカラーユニバーサルデザインです

このページの先頭に戻ります
 
 
観点別・編集の特色

観点別編集の特色 平成27年度小学校家庭科教科書の観点別編集の特色についてまとめた資料です。

 (PDFファイル) このページの先頭に戻ります
 
 
開隆堂の目指すもの

目指すもの 開隆堂は「家庭科」を社会と普遍的なかかわりをもつ教科ととらえています。ただ衣食住の技能を習得することだけを目指すのではなく、家庭科という教科を通じて、思いやりや問題解決力、応用・発展させる思考力を身につけてほしいと願っています。

 (PDFファイル) このページの先頭に戻ります
 
 
2年間で学ぶ調理実習

2年間で学ぶ調理実習 2年間で学ぶ調理実習/2年間で学ぶ布を用いた製作の資料です。

 (PDFファイル) このページの先頭に戻ります
 
 
開隆堂の目指すもの2

開隆堂の目指すもの2 開隆堂が家庭科で取り組む食育や、具体的な活動で身につける消費者教育・環境教育についてまとめました。

 (PDFファイル) このページの先頭に戻ります
 
 
年間指導計画

年間指導計画 H27年度用小学校家庭科教科書の年間指導計画作成のための資料です。

 (PDFファイル)  (Excelファイル) このページの先頭に戻ります
 
 
指導書ワークシートサンプル

指導書ワークシートサンプル H27年度用小学校家庭科 学習指導書の資料編「ワークシート」のサンプルです。

 (PDFファイル) このページの先頭に戻ります
 
 
小家ノートサンプル

小家ノートサンプル H27年度用小学校家庭科教科書に準拠した学習ノートのご案内です。

 (PDFファイル) このページの先頭に戻ります
 
 
小中連携

小中連携 小学校「家庭」と中学校「技術・家庭 家庭分野」の連携の具体例や、他教科との関連についてのご案内資料です。

 (PDFファイル) このページの先頭に戻ります
 
 
小学校家庭科教科書の特色2

2年間を見通すガイダンスは、教科書の冒頭に掲載しています。

(表紙、表紙裏~p2→もくじp4・5)

○学習指導要領の解説で、5年生の家庭科学習の最初にガイダンスを扱うことになっています。

○ガイダンスは、これまでの自分の成長をふり返り、これからの2年間の学習を見通すものなので、自分の成長を家庭と学校の場面、これから学習する家庭科のABCDの学習内容を具体的に写真で示し、家庭科の学習のイメージがつかめるように構成しています。

○「もくじ」は各論の把握として、ガイダンスの次の頁に設定しています。

課題解決的学習の配列・仕組みを明確に示しています。

○全ての題材を通して、「学習のめあて」→「(活動を伴う)導入課題」→「展開」→「まとめ」が、整然と系統的になっています(「学習のめあて」は題材名の横、「ふり返ろう・生かそう」は題材の最終に配置)。

○「学習のめあて」と展開の中の「項目名」と「学習のまとめ」の「ふり返ろう・生かそう」が一致し(囲み数字・文言の一致)、「指導と評価」の一致が一目瞭然にわかります。

消費者教育については、基本的事項を丁寧に記述し、具体例で他の学習内容との関連も図って充実させています。

(p52~55「じょうずに使おうお金と物」

○収入と支出のバランスのイラストや、買う前に考えよう「買う前に考えよう」のフローチャート図、買い物の手順図などの紙面を工夫して、基本的事項が理解できるようにまとめています。

○児童が使う文房具を例にして、買い物の手順を必要十分に示し、日常の買い物に生かせます。

巻末の「家庭科学習でよく使われる用語」や本文頁下のひと口メモ 「ひと口メモ」の活用によって、言語活動の充実を図ることができます。

(p113、p8、19他多数)

○生活の中の用語や家庭科の特徴ある用語が一覧で示されていて、索引としても活用できます。

○「ひと口メモ」は用語の解説もあり、児童が興味をもったり納得したりしながら楽しく学習を進めることができます。

全ページを通して、カラーユニバーサルデザイン機構の認証マークを取得しています。

○多様な色覚をもつ人に配慮して、すべての人に情報が正確に伝わるように、カラーユニバーサルデザインのチェックを専門にしている機構の認証を受けています。

 

このページの先頭に戻ります
 
 
指導書内容案内

指導書内容案内 H27年度用小学校家庭科 学習指導書の内容案内です。

 (PDFファイル) このページの先頭に戻ります